2010年04月24日

歴代社長3人を強制起訴=検察審議決受け弁護士−JR西、福知山線事故・神戸(時事通信)

 兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡したJR西日本の福知山線脱線事故で、検察審査会の起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は23日、同社の井手正敬元会長(75)ら歴代社長3人を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅起訴した。
 神戸地検は3人を不起訴としたが、神戸第1検察審査会が今年3月、検察審査会法に基づき法的強制力を持つ起訴議決をしていた。強制起訴は兵庫県明石市の歩道橋事故に続き2例目。
 地検が同罪で在宅起訴した前社長山崎正夫被告(66)と合わせ、歴代4社長が法廷で刑事責任を問われることになった。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔用語解説〕「明石歩道橋事故」
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
「時間足りず報告書事前入手」=漏えい検証チームにJR西幹部
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け

ドウシシャ、9000万円所得隠し=「子会社への寄付」と指摘−大阪国税局(時事通信)
21府県で2万5000人死亡=3地震同時発生で−防災会議(時事通信)
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も(産経新聞)
<上海万博>岡本真夜さんの曲を使用…実行委の申請受諾(毎日新聞)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
posted by zbc6lklxca at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。