2010年02月14日

12月機械受注、20.1%増=3カ月ぶり拡大−内閣府(時事通信)

 内閣府が10日発表した12月の機械受注統計(季節調整値)によると、民間設備投資の先行指標とされる「船舶・電力を除く民需」は前月比20.1%増の7512億円と、3カ月ぶりに拡大した。
 官公需、外需などを加えた受注総額は21.2%増の1兆9830億円だった。 

【関連ニュース】
極めて緩和的な金融環境維持=日銀支店長会議で白川総裁
11月の機械受注、過去最低に=民需11.3%大幅減
長期国債、じわり増加=買い取り増で50兆円に
10年度、実質1.4%成長=景気「緩やかに回復」
10月機械受注、4.5%減=製造業は過去最大の伸び

陛下の症状落ち着く ノロウイルスで急性腸炎(産経新聞)
中国に「儲けの方程式」、出資話で2億集金か(読売新聞)
機密費上納、追加調査せず=平野官房長官(時事通信)
<石巻2人刺殺>元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(毎日新聞)
浮島現象 タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
posted by zbc6lklxca at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。